FC2ブログ
HERMES
--------
テーマ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-07
テーマ : 女性求人

こんにちは。

春先から女性求人の動きが活発になり業界全体で平等に恩恵を得られるのは既に過去の話となり、最近はなかなか耳にする機会も減ってきました。

いよいよ一筋縄では上手くいかない時代ですね。


さて、女性求人で良い結果が得られにくくなっている傾向にあることは何年も前から想像していた訳ですが、ここで一つの疑問があります。

では、女性はどうやって生活しているのか?


単身で暮らす20~64歳の女性の
3人に1人が「貧困状態」


これは、国立社会保障・人口問題研究所の分析によると、生活の苦しい人の割合を示す「相対的貧困率」が32%となり、単身の20~64歳男性は25%で、女性の苦境が際立っているとのこと。

厚生労働省の2010年の国民生活基礎調査のデータを基に同研究所が分析。相対的貧困率は国民1人当たりの可処分所得を高い順に並べ、真ん中となる人の所得額(中央値)の半分に満たない人が全体の中で占める割合を示す。10年調査では年間の可処分所得112万円未満の人が該当

また、19歳以下の子どもがいる母子世帯の貧困率は48%とのことです。


アダルト関連産業に従事する
女性の比率


AV女優
国内でのAV制作本数は、ネット配信や裏ビデオまで含めると、年間約3万5000本といわれ、単純計算しても1日100本がリリースされていることになります。新人AV嬢も年間2000~3000人は確実にデビューしており、業界ではAV経験者はすでに15万人を突破したといわれています。

日本における19歳から55歳の女性の数は約3000万人。大まかですが、3000万人分の15万人で“200人に1人”という計算になります。

風俗嬢
警察庁の公表している性風俗関連特殊営業の届出数の推移資料によると、無店舗型性風俗特殊営業の第1号営業(派遣型ファッションヘルス等)は約27000件、店舗型性風俗店は約2300件となっています。

18年に公表されている国勢調査の結果によると、18歳以上20歳未満の女性数が133万5000人、20歳以上25歳未満女性数が360万人、25歳以上30歳未満女性数が408万1500人、風俗で働く年齢を18~32歳くらいの女性と仮定すると、日本全国では推定25万~30万人の風俗嬢が居ると言われています。

加えて近年の人妻ブームが加わればこの限りではありません。

チャットディ
10数年前に生まれた市場もここ数年で急成長を続け、非公開データとなりますが業界でもトップ3と言われている大手チャットサイトに至っては現在年間に50~70億円と言われる売り上げがあります。

市場規模を800億円と仮定し、1人当たりの月間売り上げを25万円とした場合、約32万人のチャットレディが居ると考えられます。

これに加え、キャバ嬢、出会い系喫茶、メイドカフェ、個人事業主(出会い系やSNSを利用する女性)などを加えれば女性の大半が何らかのアダルト関連産業で働いている、または働いたことがあると言うことになります。


結果として言えること

マクロ的に見ればいずれの女性にしても言えることになりますが、結局はどこかの業界で働いていると言うことになり、風俗業界で働く女性が減少傾向にあるとしても求人に効果が得られなくなっているのは選択肢の1つとして魅力が低下している(他の職業でも稼げる、また都合が良い)などであると考えられます。

収入に対する考え方の変化(月に50万円以上欲しいと言う女性が減少し、月に10万円未満でOKと言う女性が増えた)、勤務形態に対する考え方の変化(勤務に対する時間効率ではなく、生活に対する時間効率を優先する女性が増えた)、などを始め、様々な背景が存在するはずです。

また、分かりやすく手っ取り早く稼げる職業選択資(AV・風俗・キャバクラなど)以外でも現代の女性にとって都合よく稼げる市場の成長や、現在の『遊び控える風潮』なども加味すれば今後の女性求人活動の新たな一手を打つための動向が大まかに掴めていただけるのではないでしょうか。


2010-11-23
テーマ : 女性求人
こんにちは。

先週東京で現在国内でも実勢力NO1と言われるAVプロダクションの方からラブコールを受けお会いしてきました。お話した内容は未だお伝え出来ないのですが時期が来た時にお話させて頂きます。

そこでタイミング良くちょっと気になる記事を発見したのでご紹介を。


【抜粋記事】
「AV出演者10万人超え 隣の奥さんから名門女子大生までみんなスッポンポン あそこまでアップにされて恥ずかしくないの?」という週刊現代Onlineのコラム記事が話題となっている。

【続きはコチラ】 週刊現代Online


【概要】
アダルトビデオ(AV)は年間製作本数が1万点の大台を突破。なんと1日27本の作品が生み出されている計算になります。AVに出演した経験のある女性の累計は延べ10万人以上と言われ500人に1人。実際はアングラな作品や素人が趣味で撮っている場合もあるので少なくとも倍の規模があることは想像に難しくないはず。


【背景】
素人AV出演者が増加している背景には、貞操観念が低下しているなど言われますがそもそも時代背景とともに変化する価値観に低下も何も存在しません。出演している女性からすると立派な職業選択肢の1つだと考えてもおかしくないはずです。ひと昔前はキャバクラなんて、風俗なんて、いつの時代も○○何て。私からするとお客様(消費者)ありきの業界ですから「○○何て」と言う世の男性は矛盾の塊です。いやいや、大半の男性が業界を支える消費者じゃないですか(笑)

それに実際のところ、一般職で働きたくても就職先が無い場合も多く、致し方なく高収入求人を選ばざる得ない状況下にあるにも関わらず、高収入職業はどこも激戦状態。そりゃ差し迫ってお金が必要なタイミングに「脱いで1日云万円」「2~3時間で云万円」「1回だけの出演でも良いよ」「ネット販売だけだからバレにくいよ」なんて言われれば女性もついつい魔が差しちゃいますよね。風俗で面接をされている方ならお分かり頂ける感覚だと思うのですが、その言葉が嘘でも本当でも面接担当者の妙な説得力が加われば冷静さも失っちゃいますよ。

風俗業界人の職業病の1つですが女性不審にならざる得ない背景にある「女性が感覚で生きている」と言う部分はここにあると思います。ここで女性不審になるのが嫌(恐い?)になって業界を去る人と、受け入れて一線を越えた人とは大きな差が生まれます。受け入れた方の大半が口にする言葉「最近は女性としてでなく商品としか見えなくなる」私の場合はもう一歩深く踏み込み割り切りつつも言葉に出来ない変な愛情に近い感覚が生まれてました。これは恋愛感情でも友情でもなく「せっかく働くならとことん稼いで欲しい、願わくばこの業界で最初で最後のお店にして欲しい」と言う気持ち。なんだか懐かしいですね。


【風俗業界との関係性】
いよいよ本題です。
この話題が遂に表面化した結果、近い将来確実に起こりうる恩恵は1つ。今まで風俗業界に足を踏み入れなかった女性の層が流れ込み始め、風俗業界の活性化や在籍層の底上げが起こり始めると言うことです。実際すでに首都圏にある店舗さんではこの流れにガッツリ乗って儲けまくっている事例が出始めています。と言うかプロダクションさんと結託された半マッチポンプ状態ですが^^;昨年の今頃にも現状を示唆する記事をご紹介させて頂いた通りな訳ですが今後は一部の店舗さんだけに止まらずさらに業界内で加速する傾向にあると読んでいます。

今後の小規模店舗さんは特に重要なポイントになると思うのですが、この流れの中で如何にして女性に稼いでもらえる仕組みを作り出せるか。それを求人活動を通じて認知してもらえるか。この2点が大きなポイントになるのではないでしょうか。

簡潔に言うと、メリットとデメリットの明確化(1日何時間で、どう言う働き方で、どの様にリスク管理がされていて、結果、1日でor1週間でor毎月安定してどれくらい稼げるか)。を具体的に女性に提案出来ること。そこには風俗と言う概念に捉われた仕事だけではなく複合しつつ完結な方法で。

首都圏や地方のお店さんでは数年前から風俗+待機中にチャット、などの取り組み概念が一般化していると思うのでシフトしやすいと思いますが、なまじ風俗1本でもいけちゃう中間(地方都市)にあるお店さんはそろそろ本格的な取り組みを始めないと数年後のビジョンは見えて来ないのではないでしょうか。


見方によっては厳しい状況ですが逆を言えば大大大チャンス!!


新しい波は水面下で静かに広がり、すぐそこまで訪れています。


いつもブログをご覧頂いている皆さんはぜひぜひこの波に乗っちゃって下さいね♪

2010-10-15
テーマ : 女性求人
こんにちは。

『終わりは始まり』と言う言葉を愛して止まないヘルメスです。

さて、最近めっさり(めっきりさっぱり)風俗関係の活動に手を付けれていない状況ですがAV・チャット・アダルト動画、などの関連業界の方と頻繁にお会いさせていただいていますが皆さんやはり女子求人活動に悩みを抱えている様子。

求人誌の掲載規制が緩和される傾向もスカウト活動が放任される傾向も無い今後の展開から考え、将来的にも現在に引き続きますます女子獲得単価は高騰する一方、WEB求人活動で満足行く結果が出せるのか!?と疑心暗鬼に成らざる得ない状況が予想されます。

皆さんのお店も同様ではないでしょうか?

まず、大手さん以外なら「幾ら掛かる?(制作コスト)」、「どこで作ってもらえる?(発注先)」、「どうやって使う?(プランニング)」、に頭を抱えているはず。最終的に「わからないから取り組めない」そこに広告代理店さんの「これどうですか?」「う~ん。何もしないよりマシか・・・。」と言う感じで実際は無価値な安心感を求め毎月数万円の予算が増える。

逆に大手さんは肥大化したサイトの運用・活用・解析、などを軸にしたパフォーマンス管理にお悩みではないでしょうか?取り組んでいるがパフォーマンスの核心が見い出せない。でも効果が出てない訳でもない。応えをWEBで探し出す。リアルなトレンド情報や心理背景・景気動向に目が向きにくくなる。今後どうしていくべきか悩み込む・・・。

中堅の場合であれば社内で企画乱立に収集が付きにくい?(WEBも取り組みたい・スカウトにも取り組みたい、俺がやりたい・いやいや俺が)など。

それぞれに大変な部分がありますよね。

そんな業界背景を察するに難しくない中で私が思うこと。

潜在的に埋まってしまっている可能性が些細な爆発するきっかけを待ち大きく渦巻いている状況は想像に難しくないが「悩み・ストレス」を解消出来れば大きなビジネスチャンスに!!


さて、何が出来るだろか。

2010-02-02
テーマ : 女性求人
前回の『脳みそで汗をかくと言う誠実さ。』

に続き女子マネジメントの後半部分についてお話させて頂きたいと思います。

※まだ読まれていない皆様は、まずお読み下さい。今回の内容を、より理解を深めて読み進めて頂けると思います。


さて、今回は実践編と言う事になるのですが皆様は女子マネジメントと言う行為だけが女子マネジメントとお考えではないでしょうか?

つまり、

・出勤(遅刻無欠ゼロ指導)
・サービス(サービス指導)
・衛生(性病検査指導、性病対策知識指導)
・品質(服装、言葉遣い)
・メンタル()

だけが女子マネジメントとお考えではないでしょうか?

もし仮にそうであれば要注意です。

それは、小学校の先生が漠然と『勉強しなきゃ駄目だぞ!』と言っているのと同じ理屈です。

小学生の大半が嫌がる理由として、楽しくない、何に役立つか解っていない。と言われています。

・なぜ遅刻無欠は駄目なのか?
・なぜサービス怠慢が駄目なのか?
・なぜ性病について知り、気をつけなくては駄目なのか?
・なぜ服装、言葉遣いについて気をつけなくては駄目なのか?

その全ての理由を知り、日常的な会話から女性に間接的な指導を行わなければならない。

・1人の女性の遅刻や無欠のせいで、お店の出勤体制がいい加減に思われます。
・1人の女性のサービスが怠慢だったせいで、お店の印象がいい加減に思われます。
・1人の女性の病気対策意識が希薄なしで、お店の衛生管理がいい加減に思われます。
・1人の女性の服装、言葉遣いが不適切なせいで、お店の質が低いと思われます。

つまり、1人のいい加減な行動や言動が頑張っている他の人(従業員、他の在籍女性)に迷惑となり、最終的にお客様に迷惑となるから駄目だとしっかり理解して頂かなければならないのです。

その指導を行う女子マネジメント担当者は言葉ではなく本質的な意味で『お客様を知る』必要があります。

つまり、表面的に『○○○○○○○は駄目だぞ』と言えるだけではなく、声を掛けられた女性が本心で理解し納得出来る理由を伝える事が出来なくてはならないと言う事です。

同時に大切なのは、それを日々繰り返すこと。

人間は忘れる生き物です。

同時に習慣で生きる生き物です。

女性はお金の為とは言え、日々過酷な肉体労働(性的なサービスは肉体的にも精神的にも疲労が大きいため)に従事しています。

普通に働いていて精一杯のはずですが女性のためと心を鬼にし、時に厳しく(それも優しさ故)接する事で1日でも早い一般職への復帰訓練(遅刻・無欠・商品、サービスの惰性・服装や言動の乱れなど許されません)と思い精一杯の『愛情』を注いで上げて下さい。

以上の事を踏まえ、日々の言動レベルで女性から尊敬される存在になっていれば素晴らしい女子マネジメント体制が用意されているお店はスグそこです!


次回は、全編・後編を踏まえ、補足を含めた応用編についてお話したいと思います。



今日の一言
優秀な女子マネジメントとは、優良なお客様、優良な在籍女性の行動を知るエバンジェリスト


2009-12-16
テーマ : 女性求人
今やWEBでの女性求人がすっかり定着した様子が伺えますが本当の内情をご存じですか?

最近では15なび、バニラ、マーシーワーク、はずらネット、モモコちゃんねる、ガールズワーク
などを筆頭に様々な女性求人が存在してます。

宣伝カーを走行させたりSEO対策に力を入れたり、ホストクラブと連携したり
販促方法は媒体によって様々ですが月に数百万円規模の販促費を投じている媒体
も珍しくありません。

その中でもスカウトメールコンテンツ、このコンテンツを搭載しているサイトの広告掲載を
考えている、もしくは現在掲載しているお店の皆様がおられましたら要注意が必要です。

その理由は、登録者の大半は高額なアフィリエイト報酬を支払ってサイトが獲得している
登録者が大半だからです。

しかも、その報酬は平均相場で1人の女性登録で5000円~と言われています。

そりゃ販促費がかかるわな ^ ^;

しかし、ここでお話したいことは販促費のお話ではありません。

1、そのアフィリエイト経由で登録された女性はお店にとって価値のある女性なのか?
2、その獲得方法を採用している求人サイト自体が価値があるのか?

と言う事です。

アフィリエイトとは契約しているアフィリエイターが特定の制約条件を満たした場合に
広告依頼サイトが報酬を支払うことで成り立つ成果報酬型広告です。

一般的に報酬が支払われる条件として

アクセス数 × ○○円
商品購入数 × ○○円
登録者数  × ○○円

などが基本的な報酬条件になっています。

CMでお馴染みの「やずや」さんはこのアフィリエイトを活用して倒産寸前の会社を
年商数十倍まで回復させ、一気に黒字経営まで立て直した事も話題になりましたね。

しかし、良い側面ばかりではなく、風俗店の高収入求人サイトと考えた場合は疑問ばかり
浮かんできてしまいます。

その理由は、アフィリエイターは「どんなカタチでも登録すれば報酬を受け取れる」と言う
部分がポイントなのですが

ここでスカウトメールを利用された事のある皆さんに伺いたい事があります。
スカウトメール利用時にこんな経験をされませんでしたか?

♯1 スカウトメールを送っても返信が少ない。
♯2 こちらからメールを送らなければ全く音沙汰さえない。
♯3 返信が少ないか掲載していても利用しなくなった。

この様な事が起こる理由はなぜか?

送信メールが魅力的ではないから?

送信される件数が多くて見てもらえてないから?

いえいえ、それ以前にも問題があると思いませんか?
そもそも、そのオファーメールを送信した女性が風俗で働きたいと思っているのか?

と言う部分。

ここに大きな落とし穴があります。

その理由は、登録者の大半がアフィリエイトで賄われている以上、登録した事実があれば
アフィリエイターは報酬がもらえる。

つまり、アフィリアイターからすれば働きたい、働きたくない、など微塵も関係しないし
そんなことはどうでも良いのです。

極論ですが、風俗で働きたくない女性でもOKと言う事です。

中には本当に風俗で働きたい女性もいる思いますが「その多くがそうでない」となれば
話は別です。


例えば、私が友人の女性に「このサイトから登録してくれれば2000円あげるよ」と伝え
登録してもらえれば自分の手元に3000円が残る。

さらに、その女性が友達に「このサイトから登録してくれれば1000円あげるよ」と伝え
自分に1000円が残る。

そうです、結果としてサイトの登録者数は増加し私の報酬額が増加していきます。

しかし、お店に価値のある女性は少なくなりますよね。

では、サイトの営業マンにこう言われた経験はありませんか?

○○○○○と言うサイトは登録者が○○○人いますから効果は期待できますよ!

本当かよ(笑)

補足すると求職期間(寿命)は短命です。

働きたいと言う女性がいた場合でも、働くお店が決まればその瞬間から不要になる。


今日の一言
事実を知り、内情を知れば見えない本質が見えて来る。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。