FC2ブログ
HERMES
--------
テーマ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-12
テーマ : 店舗経営
こんにちは。

久しぶりの同日連続更新をしたくなるのは春の心地よい陽気さでしょうか。それともただの気紛れでしょうか。

さて。

皆さん「SCAMPER法」はご存じでしょうか。

オズボーンのチェックリスト法をボブ・イバールが改変した七つの質問リストによるアイデア発想法で、SCAMPERというのは、質問のキーワードの頭文字をまとめたものです。


これが意外と有効なんです。

まず、考える時間を効率化出来ます。

次に、今まで思いつかなかった類の閃きが舞い降ります。

更に、意外と実用的な考えに結びつきます。

では、早速以下を参照して見て下さい。


S: Substitute(入れ替えたら?)
C: Combine(統合したら?)
A: Adapt(応用したら?)
M: Modify(修正したら?)
P: Put to other uses(使い道を変えたら?)
E: Eliminate(取り除いたら?)
R: Rearrange/Reverse(並び替えたら?逆にしたら?)


では、皆さんのお店について悩んでいる事、考えている事を項目として当て込み、早速取り組んでみて下さい。

きっと思いもつかなかったアイデアが舞い降りて来るはずです。

2010-08-16
テーマ : 店舗経営
こんにちは。

暦の上では立秋を過ぎましたが残暑が厳しい日が続いてますね。
皆さんお元気ですか?

私は相変わらず何だかんだで忙しない日々を過ごしています。

ありがたい事に業界経験が長かった私の人生の中には長期休暇や連休(正月・GW・お盆・有給)などの類の概念が全くありません。

不器用でどんくさい私が自分の夢を達成する為に普通の人の2倍3倍働くのは当り前!といつも自分自身にゲキを飛ばしています。


さてさて、本題です。

今日は皆さんが知っているようで知らない大手風俗店グループの「内側」についてのお話です。

と言いましても特定のグループについての話では無く、複数の運営パターンを比較しながらどうだこうだ書き綴って行きたいと思います。


1グループブランド経営パターン
1つのお店(グループブランド)で経営されているグループになります。この方法を選択しているグループ経営者さんは優秀な方を多く見受けます。排他的な業界にも関わらずお客様と向き合い続ける姿勢と時代の変化に柔軟に対応する強さと健全な運営管理体制が必要です。感覚的に言えば小さく初めて最大限まで大きく成長させて行く感じです。※資金運用方法で言うと大手会社の株を長期的に保有する感じにも似ているかもしれませんね。

1グループ経営

お客様・従業員(男女)・業界関係者の目から見ても一目で全部が一元管理されている同一グループ店になります。名義人(名義会社)こそ別であっても経営者は1人。社内に直属の管理部署を設けて経営しているグループを多く見かけます。

メリット:
最大のメリットを上げるなら規模に関わらず顧客の完全共有化とスケルーメリットの最大化ではないでしょうか?1グループでも10~20店舗クラスになれば顧客数も規模もかなりの規模になります。そのためエリア戦略やコンセプト戦略を最大化出来る意味では料金など以外でもかなりの強みを生み出す事も可能になります。

・お客様・業界関係者から信頼される
・様々な運営ノウハウが蓄積される
・人材が定着しやすく育つ環境がある
・安定した経営基盤を構築出来る

デメリット
・税務対策に工夫が必要(数年に1度税務署がくるため)
・内部・外部に飽きさせない努力が常に必要(マンネリ化予防)
・1つの失敗が全店舗に影響を及ぼす(全ての店舗が1つと見られているため切り捨て不能)



複数グループブランド経営パターン
複数のお店(グループブランド)で構成されているグループになります。この方法を選択しているグループ最高経営者さんは儲かります。正直、金儲けを優先するなら最も良い方法だと思います。これは先程とは逆パターンで出来るだけ大きく、若しくは早く展開し、稼げるだけ稼いで辞める、そして別店舗名でまた始める。と言う感じです。※資金運用方法で言うとFXのデイトレードにも似ているかもしれませんね。

複数グループ

グループA、グループB、は最終的には同一経営者(出資者)の管理下に存在しますが、お客様・従業員(男女)・業界関係者の目からすれば同一グループだと中々わからない状態になります。さらにグループ毎に名義人(名義会社)も経営者も別(それぞれが独立)の場合も多く見かけます。正直なところ、この形が大半だと思います。

メリット:
こちらは逆に「いつでも辞めれる」と言う点が最大のメリットではないでしょうか?(最高経営者目線での話ですが...)だから割引も営業も常にギリギリのライン(合法店と違法店の狭間)で勝負出来る。一言で言うとザ・風俗店。と言う今までの最もベーシックなやり方だと思います。

・グループ数、独立しているグループ力が高まればさらに儲かる。
・儲から無くなればいつでも辞めれる(Aグループが駄目なら新しくCグループを作れば良い)
・税務対策が端的でも大丈夫(何かあれば最悪閉店すれば良い)
・集客方法に拘る必要が無い(割引でも誇大広告でも今集客出来れば良い)

デメリット
・グループ名が変わり易いので長期的な信頼を獲得しにくい
・本物の人材が定着しにくい・育ちにくい
・ある程度以上の資金力が必要



その他にも最近勢力を拡大して来ているFC展開パターンなどもありますが今回は時間に制約がありますので割愛させていただき改めてエントリーさせて頂きたいと思います。

う~ん。

何だかんだ知りうる事実的な情報と知識の限りで自分なりの見解に基づき書き出しましたが結局のところは取り組み方次第ですよね。どんな経営方法であったとしても「お客様の為に行動出する・努力する」と言う気概や形にする実現力が無ければ駄目だと言う事ですよね。

この辺りの事を考え出すといつもふと思います「たかが風俗。されど風俗。」

う~ん。

単純だけに奥深い。

あくまでも個人的な考えですが今からの時代は特に「グループでありながらそれぞれが独立した強みを持つ店舗」でなければ勝ち残りにくい思っています。

今さらですが「集団の強み」+「個の強み」を持っているグループさんや店舗さんがお客様には魅力的に見えるはずです。

しかし、結局は大手グループが残る時代かぁ・・・・。

と、思われた皆様!

ご安心を!個人店舗さん、小規模店舗さんが大手に対抗しながら共存出来る方法があります♪

2010-01-29
テーマ : 店舗経営
胃潰瘍か十二指腸潰瘍の疑いがあると診断を受けて早2日、苦痛と闘いながら何とか働いている状態のヘルメスです。

さぁ。

今日は 「普通」 とか 「一般的」 とか 「常識」 と言う概念を前面から否定させて頂こうと思います。

その理由は?

この多くのヒトが好む類の甘い言葉が思考回路を脆弱化させ衰退に向かわせてしまうと考えるからです。

近しい内容を

これが便利なサービスなのか?

こんな顧客依頼に気を付けろ。と言われる内容。

※にも記載させて頂いているのでお時間のある方はご覧下さい。

大切なのは”そのコトの本質”が本当に”今、自分に”必要か、重要であるのかどうか”見極める”と言う事です。


「業界では一般的にこうだから。」「他店舗もこうしているから。」

ではウチもこうしよう!


では駄目だと言う事です。

極論、駄目ではありません。しかし、決して良くもないと言いたいのです。

そうした考えから生まれるモノの多くは、自分がしたい”コト”に対して最善策でなく取り合わせの対応策になっている場合が多いからです。

そうした結果、世の中には”良く似たモノ”が溢れかえります。

さらに、”良く似たモノ”は先行者と比較され、誰からともなく自然と優劣の比較判断の対象となります。

この時点で既に良いモノであっても見る人からすれば”良いモノ”ではありません。

自分のしたい事を我儘に突き通す。

だからこそ自然と”独自性”も生まれる。

それを魅力的に感じ人が集まる。

そこに商売と言うエッセンスが加わる。

その為の知恵や考え方が生きる力であり、本来の自分にしか出来ない事(生き方)ではないでしょうか?



今日の一言
成長を抑制しているのは自分に存在する”普通、常識、一般的”と言う悪しき慣例である場合が多い。

2010-01-25
テーマ : 店舗経営
資産や人徳だけが財産ではない。

そんな日常の考察から風俗店で行える無形財産の貯蓄方法をご提案させて頂きたいと思います。



●相談を受ける風俗店の店長さんからよく耳にする言葉。


「ウチの店の場合は出来ないなぁ。」


そうです。
全くその通りです。
取組んだ事もなければ考えた事も無い事ですので現状では出来ないはずです。

ご安心下さい。
逆に出来ないから損をする事は何一つありません。
それに、出来ないのが普通です。

同時に、出来ないのは貴店だけではありません。
「出来ないのが普通」と言う事に気付いて頂けるだけで十分です。


●そして、「出来ないのが普通」と気付かれた次の瞬間に、漠然とこう考えて頂きたいのです。

「って事は・・・・」
「出来たら凄いんちゃう!?」


●続いて創造して下さい。

1、これが出来る事で今の問題点 *(営業的に脆弱な点や以前から改善不可能と考えていた点) が解決できる
2、直接的な利益向上要素の顕在化
3、間接的な利益向上要素の顕在化


●それらを創造から形に変えてみましょう。

1、走り書きでOK! 紙にペンで箇条書きしてみて下さい。
2、ラフでOK! 概要を簡単な図にまとめてみて下さい。


●それらを共有してみましょう。

1、お客様
2、店舗従業員
3、業界関係者


●それらを含め検証してみましょう。

1、実施効果検証 (本当に有効な(モノ・コト)なのか?)
2、実施費用 (いくら掛かるのか?)
3、実施必要事項 (何を、誰が、どうすれば出来るのか?)
4、実施時期 (いつ行うべきか?)
5、実施方法 (これを、どこで、どの様に、行うべきか?)


●ここが最大のポイントです。

この「思いつき」や「気付き」から「出来る出来ない関係無く」今出せる自分なりの
答えを考え導き出す習慣を作りましょう。


1、仮に「今出来なくても」なぜ出来ないのか理由(ヒト・モノ・コト・カネ・状況)を把握出来ていれば、「今なら出来る」と思える瞬間が訪れた際、必ず実施出来るようになっています。

※つまり、それらを解消出来る方法とタイミングや要因の穴埋めが出来ればいつでも取組める状態にしておくと言う事です。


2、共有する事でお客様、従業員、業界関係者、全ての人とコミュニケーションが自然と生まれます。「このお店は、この人は、いつもこんな事を、こんな考え方を、こんなアイデアを持っている人なのか」が伝わります。

※これにより、お客様、従業員、業界関係者、から「以前伺った件ですがこんなのは如何ですか?」が生まれ、自分以外の人からヒントや答えが生まれる可能性があります。



これらの実践により、

「出来ない」が

「今は出来ない」に変わり

「これなら出来る」になっているはずです。


そして、「これなら出来る」が多ければ多いほど「出来ない事が」少なくなり「出来ないを埋めれる理由(ヒト・コト・モノ)が揃えられる状態」待ちになっているはずです。


「ウチの店の場合は出来ないなぁ。」


いいえ出来ます。


今は「出来ないだけです。」


今は「出来る準備が無いだけです。」


今は「タイミングが見えていないだけです。」


「"本当に出来ない事"は、する必要が無い場合だけ」であり、検証も済まさず先見も持たれていない状態で全ての可能性を失うとご存じでないからです。


それは同時に、出来ない理由が「ヒト・モノ・コト・カネ・状況」にあるのではなく、自分にあると言う証拠ではないでしょうか。


今日の一言
多くの人が1日に1つしか手にしていない事を、自分は2つ以上手に入れたい。それは、単純であるが故に気付きにくい本当の我儘さかもしれない。

2010-01-22
テーマ : 店舗経営

風俗店におけるアンケートの実施について皆さんは如何お考えでしょうか?

アンケートの実施はお店の改善を図る上で非常に有効な手法として位置づけられ、過去から多くの風俗店でも実施され、中にはアンケート回答者に限定特典(安易な割引ではなく)を絡め、本当に上手に活用をされているお店さんも最近では珍しくありません。

では、その内容は?

○女性について (プレイ内容、容姿、接客アナー、など)
○男子について (電話対応、接客マナー、言葉遣い、身だしなみ、など)
○お店について (女性の質、在籍数、コースの要望、など)
○イベントについて (これして欲しい、前のアレ良かった、など)
○広告について (よく見ている雑誌、サイトはどこですか?など)

上記は現存するアンケート内容です。

と、同時に非常によく見かけるアンケートです。

しかし、今日は同じアンケートでも一味違う「期待値調査アンケート」についてお話させて頂きます。

ん?

期待値調査アンケート??

聞きなれない言葉ですのでピンとこないと思うのですが簡潔に言いますと

「何を期待して当店を選ばれましたか?」

を調査するアンケートです。

この期待値調査アンケートにより実施効果が見込まれる点は以下です。


1、お店のコンセプト、伝えたい内容がお客様にキチンと伝わっているか確認が出来る。
2、自分達では気付けていなかった潜在的なお店のセールスポイントや魅力を再発見出来る。
3、今、自分のお店や類似するお店を好むお客様のトレンドはどこに向いてるのか?を確認出来る。


つまり、従来の様な


1、(何を見てきたか?)
2、(遊んでどうだったか?)


では無く。


1、お店の魅力はどう伝わりましたか?
2、他店と比べてどこが良く見えましたか?


を知る為のアンケートです。

そして実はコレ、2010年に生き残るお店さんに共通するキーワードの1つだと考えています。


極論で解説します。

皆さんのお店を「A店」とし、その「A店」と同じエリアには50件の風俗店が存在し、うち10件が類似コンセプトを有する競合店だったと仮定します。


では、その競合店の中でどの様にして勝ち残りますか?

1、男子マネジメントの強化?
2、女子マネジメントの強化?
3、広告出稿量の増加?
4、HP公開情報の充実?
5、求人(新人獲得強化)?

う~ん・・・・・・。

全部かな(笑)

そうです!! 全部です(笑)

しかし、ここで「期待値調査アンケート」が効果を発揮します。

ん?

どう言う意味?

それは、「全部」と答えた場合、単純に全てに強化予算が加わります。

ここで仮定を加え、全予算(広告、求人、人件費)を、バジェットで考えた場合、50万円の予算増加だったとします。

客単価を5000円としましょう。

この段階で


【入客数】
・1ヶ月約100人の入客でペイ。
・1日約3人の入客でペイ。

【コール数】*3本に1本が実入客と仮定して
・1ヶ月約300本のコールでペイ。
・1日約10本のコールでペイ。

さらに、「収益」と「経営」の観点から言えば、その中の何%がリピートさせれるか?が重要になります。

では、ここで再度「全部」と考えられた皆様に伺いたいと思います。

50万円で100人を増加させる方法を選ばれますか?

その成果は確実に実現出来ますか?

実施する根拠は明確でしょうか?

また、仮に集客増加につながった場合、そのお客様のうちの何%がリピートととして見込めるでしょうか?

う~ん・・・・・。


そうですよね。


だから期待値調査アンケートが効果を発揮するのです。


なぜなら、「自分のお店はこんなお店です」と思っていても、お客様にその魅力やセールスポイントが伝わっていない、伝え方を間違えていては全てが不確かな状態になり実施根拠と実施見込みが立ちません。


ではここで、お客様から以下の様な声が頂けたらどうでしょう?


Q 近隣にも多数あるお店の中から、本日当店を選ばれた理由を教えて下さい。

○「○○○○地域近辺で、同じ金額ならココかな?と思ったから。
○ 他店に無い○○○○○と言うコースが存在したから。
○ 他店に無い○○○○○と言うオプションが存在したから。

○ お店のコンセプトに興味を持ったから。
○ 写真が綺麗で枚数が豊富にあり、女の子の質が高そうに見えた。
○ 1日の出勤情報も多く、初めてでも選べそうな気がした。
○ 新人の質が平均して高そうな気がした。

○ HPの雰囲気が良かったから。
○ 女の子が多かったから。
○ 新人が多かったから。
○ HPの情報(新着、お知らせ、イベント、料金システム、など)が見やすかったから。
○ 親しみが持てたから。
○ コース内容が明確だったから。
○ 他では遊べない魅力を感じたから。


そうかぁ。

自分のお店は他店に比べてこう言う様にお客様に見られているのかぁ。

と思えるはずです。

同時に、回答数が多ければ多いほど「他店にない自分のお店の潜在的な魅力」に気付けるはずです。

潜在的なポテンシャル(お店の魅力)をお客様の声として顕在化し、その声を参考に近隣エリアの競合店と改めて自分のお店を比較してみる。

結果、必然的に自分のお店の選ばれる理由、選ばれている理由が明確になると思います。

次に顕在化された要素の中から「これは他店より特に秀でている」と思える点に対して強化予算を投じる。

これで小額投資であるにも関わらず「全部」以上の効果が見込めるはずです。

なぜなら、

お客様に顕在化して頂き再検証した結果、 自分のお店で○○○○○○と言う点に関しては地域内でも優れていると理解し、その魅力を追及して全面に打ち出したPRを行うわけですから。

例えば

雨が降っているから傘が売れる。

たこ焼きを食べたい人がいるからたこ焼きが売れる。*この場合、隣でイカ焼きが売ってあってもたこ焼きが売れます。

水を飲みたい人がいるから水が売れる。*この場合、隣でコーラが売ってあっても水が売れます。



期待値調査アンケートの実施により「あなたのお店が選ばれている理由」を知り、再検証する。

実施効果見込みと費用を算出し検証する。

費用対効果が合うなら迷わず実施する。

これは風俗業界で最も安全な投資方法です。


その投資方法をより確実に実現させるためには


○いかに効率良くアンケートを回収するか?
○いかにリピート客を作り出すか?


を同時に考えればOKです。



今日の一言
お客様視点からはアンケート。やってる事はランチェスター。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。