FC2ブログ
HERMES
--------
テーマ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-16
テーマ : 店舗経営
こんにちは。

暦の上では立秋を過ぎましたが残暑が厳しい日が続いてますね。
皆さんお元気ですか?

私は相変わらず何だかんだで忙しない日々を過ごしています。

ありがたい事に業界経験が長かった私の人生の中には長期休暇や連休(正月・GW・お盆・有給)などの類の概念が全くありません。

不器用でどんくさい私が自分の夢を達成する為に普通の人の2倍3倍働くのは当り前!といつも自分自身にゲキを飛ばしています。


さてさて、本題です。

今日は皆さんが知っているようで知らない大手風俗店グループの「内側」についてのお話です。

と言いましても特定のグループについての話では無く、複数の運営パターンを比較しながらどうだこうだ書き綴って行きたいと思います。


1グループブランド経営パターン
1つのお店(グループブランド)で経営されているグループになります。この方法を選択しているグループ経営者さんは優秀な方を多く見受けます。排他的な業界にも関わらずお客様と向き合い続ける姿勢と時代の変化に柔軟に対応する強さと健全な運営管理体制が必要です。感覚的に言えば小さく初めて最大限まで大きく成長させて行く感じです。※資金運用方法で言うと大手会社の株を長期的に保有する感じにも似ているかもしれませんね。

1グループ経営

お客様・従業員(男女)・業界関係者の目から見ても一目で全部が一元管理されている同一グループ店になります。名義人(名義会社)こそ別であっても経営者は1人。社内に直属の管理部署を設けて経営しているグループを多く見かけます。

メリット:
最大のメリットを上げるなら規模に関わらず顧客の完全共有化とスケルーメリットの最大化ではないでしょうか?1グループでも10~20店舗クラスになれば顧客数も規模もかなりの規模になります。そのためエリア戦略やコンセプト戦略を最大化出来る意味では料金など以外でもかなりの強みを生み出す事も可能になります。

・お客様・業界関係者から信頼される
・様々な運営ノウハウが蓄積される
・人材が定着しやすく育つ環境がある
・安定した経営基盤を構築出来る

デメリット
・税務対策に工夫が必要(数年に1度税務署がくるため)
・内部・外部に飽きさせない努力が常に必要(マンネリ化予防)
・1つの失敗が全店舗に影響を及ぼす(全ての店舗が1つと見られているため切り捨て不能)



複数グループブランド経営パターン
複数のお店(グループブランド)で構成されているグループになります。この方法を選択しているグループ最高経営者さんは儲かります。正直、金儲けを優先するなら最も良い方法だと思います。これは先程とは逆パターンで出来るだけ大きく、若しくは早く展開し、稼げるだけ稼いで辞める、そして別店舗名でまた始める。と言う感じです。※資金運用方法で言うとFXのデイトレードにも似ているかもしれませんね。

複数グループ

グループA、グループB、は最終的には同一経営者(出資者)の管理下に存在しますが、お客様・従業員(男女)・業界関係者の目からすれば同一グループだと中々わからない状態になります。さらにグループ毎に名義人(名義会社)も経営者も別(それぞれが独立)の場合も多く見かけます。正直なところ、この形が大半だと思います。

メリット:
こちらは逆に「いつでも辞めれる」と言う点が最大のメリットではないでしょうか?(最高経営者目線での話ですが...)だから割引も営業も常にギリギリのライン(合法店と違法店の狭間)で勝負出来る。一言で言うとザ・風俗店。と言う今までの最もベーシックなやり方だと思います。

・グループ数、独立しているグループ力が高まればさらに儲かる。
・儲から無くなればいつでも辞めれる(Aグループが駄目なら新しくCグループを作れば良い)
・税務対策が端的でも大丈夫(何かあれば最悪閉店すれば良い)
・集客方法に拘る必要が無い(割引でも誇大広告でも今集客出来れば良い)

デメリット
・グループ名が変わり易いので長期的な信頼を獲得しにくい
・本物の人材が定着しにくい・育ちにくい
・ある程度以上の資金力が必要



その他にも最近勢力を拡大して来ているFC展開パターンなどもありますが今回は時間に制約がありますので割愛させていただき改めてエントリーさせて頂きたいと思います。

う~ん。

何だかんだ知りうる事実的な情報と知識の限りで自分なりの見解に基づき書き出しましたが結局のところは取り組み方次第ですよね。どんな経営方法であったとしても「お客様の為に行動出する・努力する」と言う気概や形にする実現力が無ければ駄目だと言う事ですよね。

この辺りの事を考え出すといつもふと思います「たかが風俗。されど風俗。」

う~ん。

単純だけに奥深い。

あくまでも個人的な考えですが今からの時代は特に「グループでありながらそれぞれが独立した強みを持つ店舗」でなければ勝ち残りにくい思っています。

今さらですが「集団の強み」+「個の強み」を持っているグループさんや店舗さんがお客様には魅力的に見えるはずです。

しかし、結局は大手グループが残る時代かぁ・・・・。

と、思われた皆様!

ご安心を!個人店舗さん、小規模店舗さんが大手に対抗しながら共存出来る方法があります♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。