FC2ブログ
HERMES
--------
テーマ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-22
テーマ : 集客全般
こんにちは。

「良いも悪いも全ては人から始まる」5歳の頃に枕元で聞いた祖父の言葉が数十年の時を経て血肉となっている事実に感謝の念を抱くヘルメスです。

さて。

ブログ読者さんから少し気になるメールを頂きましたので改めて皆さんにも公開共有させていただきたいと思います。

メール内容
「ヘルメスさんの考える風俗業界で使える、また数字に直結するマーケティングテクニックや考え方、実践方法などありますか?」

う~ん。

「使える」の定義は地域性や業態、またその地域の市場性にも大きく関係するので「万能薬はありません」と言う解答です。

もっと言えば、マーケティング活動はセールス活動ではないので「数字に直結する」と言う点については今一度考え方の方向性を正すべきだと思います。

そもそも、マーケティングは、しょうもないものを凄いコトやモノのように見せるために使うものではない。すでに凄いモノや良いモノをちゃんとターゲットに伝えるためのものである。

と言うのが私の考え方です。

お客様のストレスや悩み、更なる潜在的な欲求などを調査して改善方法や代替え案を適切な方法で提供する。その結果として利用頻度や利用金額などが向上する。

仮にすでに分かっていて対応出来ていないことであれば改善する事で数字に直結するかもしれませんが、それはマーケティングではありません。

と言う事で、マーケティングする土台がしっかりしている前提でなければ全てが根拠の上に成り立たないので何1つ役に立たないと言うことにもなります。

勿論、仮説立てて進めるしかない場合や性質の内容も少なくないと思います。

経験則になりますが風俗業界では、今日気付いた「こうした方が良い!」と言うことや「仲の良いお客様との会話から知ったストレス」を1つ1つ解消して行くこと自体が風俗的なマーケティングだと思います。

ですので、風俗業界のマーケティング万能薬があるとすれば「お客様との会話」や「自店の改善に本当に有用性のある声を集めれるアンケート」だと思います。

また、それらを「伝える」と言う部分でのマーケティングツールとしてメルマガやブログを利用すれば十分なのではないでしょうか。

また、必要性や新たな需要に対する整合性があるかどうかを判断する基礎情報として近隣他店などについて調べることがマーケティングリサーチの1つではないでしょうか。

優秀なスペシャリストも秀逸なツールもあるに越したことはありませんが基本的に新しい事は何1つ必要ありません。

要は「ツールをどう使うか」「お客様とどう向き合うか」が大切だと思います。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。