FC2ブログ
HERMES
--------
テーマ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-12
テーマ : 女性従業員
今回は、全編・後編を踏まえ、補足を含めた応用編についてお話したいと思います。

全編『脳みそで汗をかくと言う誠実さ』

後編『エバンジェリスト』

※まだ読まれていない皆様は、まずお読み下さい。今回の内容を、より理解を深めて読み進めて頂けると思います。


さて、今回は補足を含めた応用編と言う事になるのですが、突然ですがここで皆様に質問です。
理想の女子マネージャーとはどう言う人物像とお考えですか?


私も"過去の考え"では顔が良くルックスも抜群。おまけにお洒落で清潔感もありマナー(礼儀を含む言動)も申し分ない。こう言う男性が女子に携わるに越したことは無いと考えていました。


理由としては、初見の印象も良いし余程で無ければ大半の女性に嫌われる事もない。むしろ多くの人(女性)に圧倒的に好かれると考えていたからです。


しかし、今は全く別の男性像を理想と考えています。


その理由は

♯1
男前だからこそ引く手数多。正直この業界でなかなかお目に掛かれない。仮に出逢えたとしても内面(人間性や能力)が伴う場合が非常に稀だと思うため。

♯2
こう言った男性は女子マネージャー担当ではなく、お店のマスコット的な存在として居れば十分だと思っているためです。


つまり、男前スタッフから特別を一切排除して全ての女性に平等に振る舞いいつも清潔な服装で爽やかな笑顔を絶やさない。

「おはようございます」
「お疲れ様です」
「服装変えました?それも似合いますね」
「ネイル変えました?それも可愛い(綺麗)ですね」
「最近すこし痩せましたね」

これだけの言葉でお店の雰囲気は全然違います。


そして、男前マスコット論を述べさせて頂く最大の理由の1つは、男前では女子マネジメントを行う上で肝心な要素に漏れが生じやすい傾向にある結果を多く見受けて来たからです。


女性であれば当然ですが素敵な男性の前では綺麗な自分や可愛い自分を見せてしまいがちです。場合によっては女性が恋をしてしまう事もあるでしょう。


しかし、重要なのは色恋問題ではなく、女性の本心(潜在的に抱えている悩みや愚痴)を察知しにくい傾向にあると言う点です。


様々なタイプの女性がいますので全て同じとは言えませんが本心、本音などの類の言葉はふとした瞬間こそ垣間見えます。


勿論、男前だからこそ「弱い自分」を見せ甘えてくる"やり手"な女性もいると思います。


しかし、それは極一部(積極的な女性)の場合が多く、気兼ねなく気さくに親しみやすい男性の方が日常会話レベルで女性の素の部分を垣間見ることが多いはずです。


近い例えで言えば役職者(オーナー、店長、マネージャー)などと話す時とスタッフと話す時では態度も言葉遣いが全然違う女性が多いですよね。


これに近い心理だと思います。

結果として言える答えが男前スタッフマスコット論。


この理論の実践により

・男前なスタッフがお店の雰囲気をつくる
・普通のスタッフが女性の本音を聞き出す
・店長が女性の状況を把握する

そしてここがポイントです

・上記の役割分担を漠然とでも良いのでスタッフ全員が感覚的に理解しておく
・女性の状況を出来る限りスタッフ全員が共有しておく

それにより、以下の様な女性の些細な変化に日々気付く事が出来ます

・女性のSOS(悩み)を察知出来ます
・女性の喜ぶポイントを把握出来ます
・女性のプライベートを把握出来ます


結果として女性の本心(心理)が、普通の時、困っている時、悩んでいる時、喜びを感じている時、を少しでも多く理解する事が出来、女性の心情や状況に合わせた適切なサポートを行える体制(準備)が状態化出来ているはずです。


漠然とした方針や体制(個人能力や経験に依存した女子マネジメント)は非常に脆く危険です。
その考えから私は男前スタッフが行う女子マネジメント理論ではなく個人依存を脱却可能にするチームマネジメント理論として男前マスコット論を推奨させて頂いています。


管理ではなくあくまでもサポートに徹することが究極の女子マネジメントと位置づける事で、いつ何時でも女性が困らない、困った時も悩まないで仕事に集中出来る環境を常日頃から想定することが女性に最高の安心感を提供する事が出来る。そしてその安心感は信頼につながる。

と考えています。


※しかし、この理論も理想形ですので正解と言っているのではありません。参考情報と言う事をくれぐれもお忘れなく。


それと同時に優秀な従業員や男前スタッフとはそうそう出逢えないのも現実です。
しかし、女子マネジメントの安定化は中長期的に安定した収益と顧客満足度を作り、理想とする収益向上曲線を目指す上で避けては通れない事実です。


皆さんは如何お考えでしょうか?



今日の一言
究極の女子マネジメントとは男性スタッフの真心のこもったサポート精神から生まれる。

TrackBackURL
→http://typef1022.blog13.fc2.com/tb.php/33-fb636285
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。