FC2ブログ
HERMES
--------
テーマ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-17
テーマ : 集客全般
この数年間の間で風俗店がオフィシャルHPを持っているのは当たり前。

逆にHPがなければ営業にならない。

と言う風潮がすっかり定着しました。

私が知る限り、案内所が全盛を迎えていた頃にようやく数件の風俗店が取り入れ始めた
ばかりで当時はテキスト中心のサイトばかりでした。

本当に情報サイトって感じで画像も少なくデザインに至っては今のようなフラッシュの
派手な演出もなけば、そもそも色気も何も無い感じです。

いやぁ懐かしい。

そこから数年。

先進的な風俗店さんや情報サイト提供者さん達の牽引によりWEB集客はすっかり身近な存在になりました。

最近では

SEO対策 検索エンジン最適化(特定の検索キーワードで上位表示させること)
LPO対策 ランディングページ最適化(お客様が閲覧するページの最適化)
CVR測定 成約率(何アクセスで1集客につながるかの測定)
CPC測定 クリック単価(1アクセス当たりの単価測定)
CPA測定 成果報酬単価(案内所さんと同じ原理のWEBバージョンです)

他にもアクセス解析を駆使したマーケティング、CRM(顧客管理システム)、CTI、など活用されている風俗店さんも存在していますし、かなりの専門知識を装備され、ちょっとした一般のWEBマーケティング会社さんよりしっかりされている風俗店さんもいる様子です。

本当に時代の変化って凄いですね。

しかし、全ての風俗店さんがそうではありません。

未だに漠然と「WEB集客ってどうすれば増えるの?」と言う風俗店さんが大半です。

3~4年前までであれば答えは簡単でした。

1、広告サイトをマメに更新する。
2、出来るだけ綺麗な女の子の画像を掲載する。
3、イベントをする。

これだけで十分お客様を獲得出来ていました。

しかし、今や時代の流れは急速です。

ケータイ電話でTVが見れたり決済が行えてしまったり、TVなんて普段見ている番組傾向を元に自動録画がされてしまいます。

風俗業界でもお客様の紙媒体からWEB媒体に情報収集源がシフトしたこと。

求人誌の規制が条例で強化改正され助成獲得が困難になったこと。

その流れから「集客はWEBだ!」と言う方向にシフトし多くの風俗店がWEBの
活用に力を入れ始めたからです。

集客がなければ売上も女性在籍率も低下しますからね。

今となっては上記3点は当たり前。

さらに中にはWEB限定新規割引など乱発され、業界の価格破壊に近い行為(正直自殺行為です)を敢行されているお店さんも少なくありません。

ではこの風潮が進むとどうなるか?

同調して割引する

お客様の「割引が当り前化」が進む

多少の割引額では反応しなくなる

利益圧迫が進む

全然儲からなくなる

では割引をしない方法は?

良い子を揃える

良い子が集まりにくいから給与・待遇を優遇する=獲得単価が高騰する

良い子がいても辞められると困るのでついつい甘やかしてしまう

マネジメントが甘くなる+給与が高騰する

利益が圧迫される+出勤管理が甘くなる

営業が女性主導になる

集客(新規・リピート)が増えなければ新人が定着しにくい、既存の在籍女性の離職率が上がる。

お客様は「女の子が少ない店」「新人が少ない店」となる。

う~ん。

悪循環ですね。

では、そういった背景を含め、今もっとも注目すべき効果のある集客方法は?

オフィシャルHPの見直しです。

えっ!? 集客に関係してるの?

そう思われた皆様、全然してますよ(笑)

ではここで思い返してみて下さい。リピート客は元は新規客です。新規客は情報サイトから獲得していきます。

つまり情報サイトに依存していますよね?

では、なぜお客様は情報サイトを見るのでしょう?

仮説立てをして検証してみましょう。

割引、新人、イベント情報を中心に沢山のお店情報が揃っているから
(つまり、1店舗サイト事に見ていられない(面倒、手間、時間ロス)

掲載されている内容にムラがなく、見やすい
(情報サイトでは一律同じ場所(サイト構成に則った場所に情報がるから見やすい)

結局お客様が見るのは「いつものサイト」化が進む
(いつまでたっても広告費が掛かる、下手すれば年々高騰していく)

ここで重要なのは「情報サイトはあくまでも認知動機に過ぎない」と言う認識です。

せっかく集客したのにまた情報サイトに返してしまっていては意味がないのです。

つまり、店舗リピート客の獲得=まずはオフィシャルHPリピートを作る

と言う部分にポイントがあります。

情報サイトもいるがウチのHPも見てもらえる状態を作る。

ではオフィシャルHPを見直すって具体的にどこを・・・。

知識も無ければアイデアも無い。

しかもこの業界で取り合ってくれる業者(関係者)も限られている。

どの人に相談すれば・・・・。

金額的な概算予算は・・・・。

不安でいっぱいになってしまいますよね。

そう言ったお声、正直かなりの店舗さんから相談されてます。


しかし、今日は長くなりましたのでこの辺りで。

次回は解決策となる方法やサービスについて語ります。


今日の一言
最悪な状況を受け入れて初めて理想の姿が見えてくる。




TrackBackURL
→http://typef1022.blog13.fc2.com/tb.php/4-404d68ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。