FC2ブログ
HERMES
--------
テーマ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-17
テーマ : つぶやき
(*´∀`)ノ「今以上に風俗店さんからの広告出稿枠を獲得したいんです」

(*´∀`)ノ「今以上に弊社のコンテンツを有効に使って頂きたいんです」

(*´∀`)ノ「新しいコンテンツを作ろうと思ってるんです」


と言う類(間違いだらけ)の相談が最近やたら急増している Σ(´д`;)

いくら善意で相談を受けているとは言え私が相談を受ける最大の理由は業界内の各ファクター(メーカー、代理店、風俗店、女性、スタッフ、お客様、など)の水準を把握して動向予測をするためです。そして自分で調べ、自分で納得出来る確かな情報や考えを選定して本気で業界の底上げを目指されている方に有益な情報を無償で発信するためであり、情熱を持たない人や似非商売に加担するためではありません。

しかし、人それぞれのポジションがあり能力があり思考背景もありますので否定も拒絶も一切致しません。唯一ある考えは1つ。浅はかな人さえも引き寄せてしまっている現在の自分に反省すること。情報発信を行う上で免れない事実ですが今後は類似する属性の人を一切引き寄せない努力を怠ることなく実践してまいります。

と言う自己内省を行いつつも業界関係者さんの動きの鈍化と未だに新時代を見据えた方向性を示せておらず迷走する姿には嘆きを覚えます。1日でも早く自己のポジションと存在意義を自覚して欲しい限りです。

と言う気持ちで皆さん(風俗店)を代表して文頭の3点にツッコミを入れさせて頂きます。


(*´∀`)ノ「今以上に風俗店さんからの広告出稿枠を獲得したいんです」
君たちの匙加減でどうにかなると思うなよ!放っておいても費用対効果が合うと思えば広告出稿量は自然と伸びるさ!君達のポジションは君達のクライアントである風俗店を満足させる事だ!出稿量は結果、プロセスと出稿に至る本質を真剣に見つめてみろ!

解説
そもそもサイトや広告を販売すると言う考えが今の時代に合っていない。如何に風俗店と言えども商売として厳しい状況に立っている事を理解しよう。クライアントの集客を二人三脚で手伝うと言うスタイル(例えば更新業務を補助する、有益な情報は率先して提供する)などを行い、本当の意味でのパートナーシップを確立出来なければ業界内で風俗店が無くなる前に君達の存在意義がなくなってしまうぞ!


(*´∀`)ノ「今以上に弊社のコンテンツを有効に使って頂きたいんです」
正直に言ってみろ。「弊社の運営する(取り扱う)サイトの訪問者さんに満足してもらいたいので」と!それは君達の都合でありクライアントの利用方法は関係ないだろ!風俗店側からするとコンテンツ利用も更新もしなくて最低限の広告料金に見合った数だけお客様が来店して頂ける媒体が最高の媒体だ!加えて、その状態でも長期的に集客出来れば言う事無し!

解説
訪問者が満足出来るサイトを運営出来る事で風俗店に対して完全な売り手市場を確立しようと言う考えが見え見えです。出稿量の増加、掲載料の引き上げ、が本当の最終目的でしょ?


(*´∀`)ノ「新しいコンテンツを作ろうと思ってるんです」
おいおい、気付かないのか?君達からすると1サイトでも風俗店からすると数十件の中の1サイト。これ以上コンテンツを増やされても更新出来ねーんだよ!

解説
お客様にさらに満足して頂きたくて・・・。お店さんにも充実したコンテンツを利用頂きたいので・・・。と言う建前は聞くまでも無いが結局は自己満足の為でしょ?もしかしてその浅はかな戦略(新しいコンテンツの追加)が他サイトとの差別化とでも言うならお恥ずかしいお話だ。君達の商売相手は風俗店。つまり、エンドユーザーと風俗店を結びつける事で初めて利益を獲得出来ている訳で。その為の役割は風俗店に新しいコンテンツを提供することでも風俗店に情報発信スペースを提供すること"だけ"ではない。如何に滞りなく風俗店の情報をエンドユーザーに提供出来るか。である。


と、まぁ。風俗店さんの目線で言うとこんな感じではないでしょうか?


少々厳し目の内容となりましたが風俗店側からすると的確に核心を突いていたと思います。しかし、最後に風俗業界の底上げを目指す私からメーカーさんと代理店さんにとって非常に有益な情報を提供させて頂きたいと思います。

業界に関わるメーカーさんや代理店さんだけが保有している商品はサイトでもコンテンツでも新サービスでもありません。自社内の人です。そして、その人々はアイデアや考え方によって何より素晴らしいキラーコンテンツになり変わるはずです。お客様目線でも風俗店目線でも物事を考えられるポジションが皆さんの本来のポジションであり、客観的に双方のニーズを捉えて満たす事のできる唯一のポジションです。

そてし、今回は良い機会ですので明言しておきましょう。今後の風俗業界で勝ち残るサイトは知名度の高い老舗サイトと特殊なコンテンツや情報配信体制を既に確立されているサイトさんだけです。新規で台頭するサイトやサービスは本当の意味でインターネットらしいコンテンツを実装しているサイトと究極のアナログマンパワーを有するメーカーさんや代理店さんが中心に推し進めるサイトのみです。


そうでなければ

風俗店が儲からない→魅力的な業界でないので人材の参入率が低下する。

女性が儲からない→入れ替わり頻度が低下する→お客様満足度と期待度が低下する。

と言う過程を経て風俗店が衰退する→業界全体が衰退する。

と言う仮説が現実に起こってしまいます。


上記の様な観点から当面のネット広告の出稿は一切が無駄になってしまう可能性が非常に高いのでお気を付け下さい。無料お試し掲載やバーターサイトなどは相互リンクサイト程度と認識頂いてもOKだと思います。

お店さんでは自社店舗サイトのマメな更新やコンテンツの見直し、利用方法や提供情報の質を高めることに着目しつつ、台頭してくる新サービス情報や業者さんの登場に敏感なアンテナを張っておいて下さいね。


勿論、私も「面白い!」と思えるサイト(コンテンツ)やサービスをガシガシ紹介させて頂く予定です。


次回は今回の内容を踏まえた(お客様と風俗店を本当の意味で理解した上で)「こんなサイトはおもろいんちゃいます?」と言う私の妄想案と理想案について語りたいと思います。


厳しい言葉をごまかすために今回は文章にAAを使用(^ω^)
キツイ言い回しもAAが入ると不思議と中和されます(笑)

AAありがたやありがたや。



今日の一言
1955年から1973年までの18年間で起きた高度成長期の裏には国内に約2万人とも言われる各業界の本当のプロ達の情熱(日本を良い国に、みんなで今より良い暮らしを、、)と、確かな信念が存在した。

TrackBackURL
→http://typef1022.blog13.fc2.com/tb.php/43-bddf466f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。