FC2ブログ
HERMES
--------
テーマ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-26
テーマ : 集客全般
こんにちは。


Twitterとブログとかけまして、、、日々の営業と解きます。

その心は、、、

どちらも継続力が大切です♪

自称永遠の10代 ヘルメスです。


さて、以前にも増して最近しきりに考えている事なのですが、風俗店でWEB集客を能力や知恵に依存しない前提(勿論最低限は必要ですが)で、如何にすれば「誰でも」「簡単に」「体系的に」効果を増幅させる事が出来るのか?

と言う件について光明が差して来た気がします。


と言いましても「コレをすれば鉄板!」と言う方法を見出せた訳ではありません。よくよく考えれば「こう言う事になると思いませんか?」と言う程度の個人的な見解です。


記載させて頂いてる事も「当然と言えば当然」と言う事実の集まりな訳ですが、だからこそ見落としがちになっているのでは?分かっているつもり、やってるつもり、になりがちな事じゃないかぁ?と思う事ばかりです。


と、思うので今一度、私のブログで言葉で可視化させて頂き、皆さんで再認識と基本を見返す事で得られる新しい気付きの材料にさせて頂きたいと思います。



まず、基本をしっかり作り込む
コンセプト(こだわりや特質性)やベネフィット(利用便益)、料金システムなど重要な基本事項を明確にし、後々頻繁に変更する予定の無い部分はしっかり作り込みましょう。逆に言えば「この部分が欠落しているお店のサイトは余程素晴らしい女性ばかり揃えていなければ魅力的に見えません」
根本を言えば風俗を利用される大半のお客様は凄くシンプルに利用する意思決定を行います。素晴らしい女性と遊べるか、安価な価格で無難に遊べるか、自分の性癖を満たす為に遊べるか。料金はイベントで調整可能、女性の質は求人で努力可能、しかし性癖を満たすことは「ただのヘルス店」では無理です。

ある程度のフレキシブルさを残す
理想系で言えば「開催するイベント毎に専用ページを設置出来る」「アンケート項目を随時変更出来る」「女性一覧情報にあるセグメント名:(ロリ系、モデル系、素人系)などを随時変更出来る」「背景画像を季節毎に変更出来る」などの ”視覚的かつ直感的にお客様に伝わる ”変更要素を残しておく。

使い勝手と更新のしやすさ
どんなに素晴らしいデザインのサイトでも便利な機能が備わっていても使いこなせなくては無用の長物。猫に小判です。使い勝手が悪い=必然的に更新頻度が下がる=意欲的に取組めなくなる=触る(更新業務)こと自体が億劫になる。良く見受ける負のスパイラル。これでは、せっかくお金を掛けて広告を掲載して獲得したお客様に、お金を掛けて求人で揃えた女性が頑張って接客してリピートしても台無しですよね。全てが。

無駄、無意味な派手さを抑える
分かり易い例題を上げさせて頂くなら「格好良いから」「見た目が良いから」と言う安易な理由でフラッシュパーツをサイトに入れる事は避ける。「とにかく目立たせたいから」と言う気持ちだけで新着情報、お知らせ情報、などのテキストにフォントカラーやフォントサイズを変更するタグを使用しない。そもそも風俗店のサイトと言えど、基本は情報を公開しているサイトな訳です。風俗を利用されるお客様にとって、格好良さも派手さも必要では無いはずです。
お客様が必要としていることは「正確で」「読みやすい」「間違いの無い」「鮮度の高い」情報。な訳です。

リピータを意識する
新規客も勿論大切です。しかし、風俗店を運営する上で最も重要なのはリピーターさんの確保です。ここは重要ですので言葉を重ねます「1にも2にもリピーターさん」です。新規のお客様は「可愛い子」「自分の好みの子」「今安いから」と言う理由などでも利用して頂けます。しかし、リピーターさんはお店を気に入ってくれているお客様です。と言うことは、風俗遊びをする際に皆さんのお店を候補に入れてくれている訳です。重要なのはここからの認識です。「候補には入っているが他にも複数の候補店が存在している」と言う認識を持つ事です。つまり、見比べるられている訳です。サイトレベルで「新人情報」「新着情報」「出勤情報」などを。

この際に重要なこと。見やすさ、軽さ、操作しやすさ、この3点めちゃめちゃ重要です。

※新規オープン予定のお店さんやHPリニューアル予定のお店さんは制作発注段階で特にこの3点については是非こだわって下さい。決して流行っている競合店のサイトを制作会社さんに見せながら「こんなサイトにして下さい」など言わない方が良いですよ!見にくい+更新頻度が低いなんてお客様からすると最低の情報サイトになりますから^ ^ ;


と言う事をベースに、毎日の店舗HP更新作業を軽減させる。間違った認識を促してしまう恐れがあるので言葉を重ねます。重要な事は「軽減させるが手を抜くと言う意味では無く、制作レベルから運用を意識した最適化対策を盛り込む」と言う事がポイントです。


更新すべきコンテンツは更新する。それも簡単に。

魅せるコンテンツはとことん魅せる。それも効果的に。

良い意味で手間を削減可能なシステムは率先して入れる。趣味に近いデザインより優先して。


これによって有効的な時間(お客様と会話する時間、女性と会話する時間、スタッフと会話する時間、外部サイトを更新する時間)を更に捻出出来るはずです。そう、見過ごされがちですが凄く原始的な部分である風俗店の本質(全てにおいて人間対人間)を充実させる事が出来るはずです。

実は風俗業界で言う「WEBの活用とは、WEBでどうとかでなく究極のアナログヂカラを際立てさせるツールがWEB」と言う位置づけに尽きるのではないでしょうか。

正直今さらながらのエントリーですがやっぱりこの部分に尽きる気がします。

※ちなみに、この仮説は[私の経験値] + 関西で流行っていると言われる小規模店舗さんと中規模店舗さん各3店舗(現段階では名前は伏せますが)のサンプル調査(WEB追跡調査期間1ヶ月+利用調査各2回)に基づき仮説立てさせて頂いております。

と言う名目で風俗遊びをしている訳です^ ^;


この仮説を証明してくれると同時に私の全ての知識と経験を受止めながら業界発展に向けたディープな検証にお付き合い頂けるモデル店舗さん、現れないかなぁ。


TrackBackURL
→http://typef1022.blog13.fc2.com/tb.php/54-a41f7177
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。