FC2ブログ
HERMES
--------
テーマ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-14
テーマ : つぶやき
こんにちは。

Twetter利用者に関するリサーチ情報が様々な情報機関から続々と発表され続けていますが皆さんはTwetterについていかがお考えでしょうか?

実は最近、私の中で現状のままでは風俗店で集客を目的として利用する場合、頗る相性が悪いと言う決断に近づき初めています。

まずはコチラをご覧ください。


「ツイッターに疲れていますか?」※22~40歳の会社員、男女300人が回答

グラフ


引用元:ツイッターの「ココが疲れる」ベスト10!


う~ん。この情報を見て様々な見解があると思うのですが仮に私が風俗店の責任者であれば、以下の理由に該当する場合のみTwitterを利用すると思います。

利用を推奨するケース。

1.様々な効果云々ではなく単純にTwitter(個人としてつぶやくこと)が好きな場合。

2.親近感の獲得を目的とし、自分がお店の顔として経営や営業の内面をお客様に知ってもらいたい場合。

3.自分とポジションの近い人の考え方や日常をTwitterで触れたい場合。

4.Twitter経由で流入する人をHP内で高い確率で獲得可能なキラーコンテンツが用意されている場合。


逆に、風俗店で集客促進を目指し利用されているお店さんは即利用を控え、「今までつぶやいていた時間」をお客様や女の子、従業員と会話する時間、新しい取り組みに向けた調べ物をする時間に使う方が有意義なのではないかと思っています。

基本的に利用を推奨しない理由。

1.単純に更新の手間だけが増える。

2.「継続しなければ」と言う義務感に苛まれる。

3.Twitter割引ならぬ間違った成約促進に収益が圧迫される。

4.出るか出ないか不透明な成果に対する取り組みに一喜一憂させられる。

5.HPなどでアカウントを公開したが結局お客様にとって有益な情報源になりにくい。

利用を推奨しない最大の理由の1つは、現状でも広告サイトの更新に手一杯のお店がさらに更新負荷を増す。と言う点です。それも手間を掛ける割に「意図せず集客に困っているお店感を演出し」閲覧者に対して印象を悪くしている、さらに集客につながっても割引と言うカタチで収益にも圧迫を及ぼす結果を導き出しながら。

う~ん。

これでは本末転倒ですよね。




TrackBackURL
→http://typef1022.blog13.fc2.com/tb.php/73-55cd0979
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。