FC2ブログ
HERMES
--------
テーマ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-08
テーマ : 男性従業員
こんにちは。

1年を通じて秋の空気感が最も好きなヘルメスです。

過ごしやすい時期になりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

さて、以前にも少し触れさせていただいた内容になりますが今日は風俗業界における人材育成について思うところを語ってみようと思います。

私自身の経験で言えば「頭で覚えるな、身体で覚えろ!」と言う体育会系ノリの上司に風俗業の基礎と言われる部分の大凡すべてを3年間掛けてみっちり(これは会話に着色一切なし、休みなし1日17時間労働)叩き込まれた訳なのですが^^;

その甲斐あって今となっては風俗業どころか、どの仕事、どの環境、誰と仕事をしようとも役に立つ学校では教えてくれない生きる為のスキル(人間力)が備わりました。

しかし、自分で言うのも変ですが私の様にこの指導方法に耐え忍び仕事を全う出来るまでになる人間は1/500程度だと思います。(これは私が実際に籍を置いていた8年間で延べ入退社数を通じて試算した数字ですから結構制度の高い数字だと思います。)補足しておくと小規模店舗を含め業界全体でもまともに責任者になれる確率は(1/150)くらいではないでしょうか?

私が籍を置いていたグループは厳しいことでも有名でしたがそれでも業界全体を見渡しても狭き門に変わりありません。

様々なトラブルの要因になるカネ・オンナ、を扱う業界ですのでよくよく考えれば当然かもしれません。そもそも色と金銭的な誘惑が日常的に溢れ返っている訳ですからね。

そんなこんなで私が思う人材育成ですが、まとめると以下の様な感じになります。


教える=(伝える)
モノ・コト、を知る機会や場を設ける。具体的な例題や過去の事例を出来る限り多く知る機会を設け、ケースステディとして疑似体験してもらえると理想的。

※教えているのに出来ないとお悩みの方は、教えているけど伝わっていない場合を多く見受けます。


育てる=(与える)
見せる、魅せる、やらせる、任せる。知ることで得た知識を試めさせる機会を設ける。知る=出来るではなく、知る=行動成果=出来る、と捉える。

※機会を与えているのに意欲的に取り組まないとお悩みの方は、当事者自身が成功すると自分がどうなれる、失敗するとどんなリスクが発生する、と言うイメージが出来ていない場合を多く見受けられます。


管理する=(分かち合う)
管理するのは数字と結果のみ。結果をもとに同じ目線で振り返る機会を設ける。悪い結果であれ良い結果であれ必ず結果には要因が存在しています。誰が、何が、何故、を出来る限り具体的に振り返ります。

※人間を管理するのではなく仕事(成果)を管理する訳ですので人間的な否定や性格的な否定は控える方が好ましい結果を生み出すと思います。


う~ん。

書き出してみて改めて思うのですが極めて普通な事ばかりですよね。


規模によって捉え方も変わりますしそもそも人材育成に対する考え方、お店の経営の仕方も様々だと思いますが店として、グループとして、会社として成長して行くのであれば1度は振り返り考え欲しい内容ですね。

それと、そもそも人材育成について真剣に向き合っていれば既に取り組まれている方も多いと思います。それでも駄目なら求人広告レベルから見直してみて下さい。現在出稿している広告媒体に集まっている求職者層自体がマッチングしていない可能性が大です。


お客様にも女性にも従業員にも優しい店作り=関わる誰もがハッピーを得られる場所。

と思って改めて記事にさせて頂いてみた限りです。



追伸

文中にある

教える=(伝える)
モノ・コト、を知る機会や場を設ける。具体的な例題や過去の事例を出来る限り多く知る機会を設け、ケースステディとして疑似体験してもらえると理想的。

と言う部分については時間も手間も掛かり、かなりネックになると思いますが実はここの部分を飛躍的に効率化させつつも効果が得られる方法(正確にはツール)があります。

以前から告知している「新規客獲得プロジェクト」と並走して準備しており、全部まとめて公開する予定ですのでこちらも是非お楽しみに♪


TrackBackURL
→http://typef1022.blog13.fc2.com/tb.php/80-accda924
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。